外壁の塗替えをお考えのお客様から、「相場がわからないので、費用が高いか安いかわからない。」と相談を受けることが多くあります。
外壁や屋根は、外的要因(雨、雪、湿気、日光など)により、それぞれのお宅で状態は違いますので、外壁の状況によって工事の項目が増え、費用は変わっていきます。

そこで、塗替えをお考えのお客様に、外壁塗装の費用を決める際に役立つポイントを説明いたします。

塗料の種類は結構あるんです!

一般的に外壁に使われる塗料は、アクリル、ウレタン、シリコン、ナノ系が使われます。

※上記の価格は足場、養生、下地処理、下塗り、中塗りの費用は含まれておりません。
※壁面積150㎡の一軒屋を想定した価格です。

一般住宅で使われる塗料はアクリル、ウレタン、シリコンです。フッ素遮熱は工場など住宅とは違う特殊な環境下の建物に使用されることが多い塗料です。
高い塗料だからいいという訳ではなく、住宅環境によって適した塗料を選ぶことが重要です。
当社では、一般住宅の塗替えでは、シリコン系、ナノ系の塗料を使うことが多いです。

見積もり金額は安ければいい?

下記は一般住宅の見積もりを訪問販売業者A社と、当社の見積もりを図にし、比較したものです。
※一般住宅に多い壁面積150㎡の一軒屋で、使う塗料は同じ種類のシリコン系塗料を使用、足場代を含む塗装工事

値段を比較するとA社の方が当社より20万円安い見積もり価格ですが、注目していただきたいのが耐久年数の違いです。
A社の耐久年数が6~8年に対し、当社は10~15年です。

価格を耐久年数で割り、一年あたりの価格に換算すると、

A社 80万円÷6年=13万円
当社100万円÷10年=10万円

一年あたり、3万円も差がでます。
耐久年数が長ければ長いほど、一年あたりの価格は安くなります。

長い目で考えたとき、A社の価格は決して安いとはいえません。

では、同じ塗料を使っているA社と当社で、なぜこれだけ耐久年数の違いがでるのか?
理由は作業工程の違いです。

次に作業工程について説明します。

キレイを長持ちさせるのが私たちの仕事です!

A社と当社の塗装の作業工程は次のとおりです。

水洗い・・・高圧洗浄機で外壁の汚れを荒い流します。

下地処理・・・サビ止め処理や塗膜の剥がれ、壁のクラック(ひび割れ)などの修繕を行います。

養生・・・塗装を行わない部分を養生テープで覆います。

下塗り・・・外壁と塗料の密着をよくするため、シーラーを塗ります。

中塗り・・・下地の凹凸や段差をならすため、フィラーを塗ります。

上塗り・・・色をつける仕上げの塗料を塗ります。

A社も当社も作業工程は同じですが、中塗りと上塗りの回数が違います。

A社は、下塗り1回、中塗り1回、上塗り1回という一般的な工程です。
この工程に問題はありません。
(ひどい業者は下塗りや、中塗りを行わないこともあります)
ですが、この工程ではとりあえず色がついてキレイになる程度の仕上がりにしかならず、美観も長くはもちません。

当社は中塗りと上塗りを2回ずつ行います。
中塗りを2回行うことにより、下地に厚みがでます。下地に厚みをつけることで、お家が雨風や、日光から受けるダメージを軽減することができます。
耐久年数を長くするために、中塗りが最も重要な作業だと当社は考えています。

上塗りを2回行う理由は、1回だけではどうしても塗料が透けてしまう部分などがあり、色むらが出やすいためです。
2回塗ることで、色むらを防ぎ、なおかつ塗料の厚みもでることで、長くキレイに保つことができます。

このように塗りの工程が増えることで、耐久年数があがるわけですが、工程が増えた分、価格も高くなります。

まとめ

お客様にもそれぞれ予算の上限があるとは思いますが、大事なのは予算に見合った工事が行われているかどうかということです。費用の相場は、お家の周りの環境や、普段のメンテナンス状況によって大きく変化しますが、一般的な壁面積150㎡ほどの一軒屋をモデルとして相場を記載します

・80万円前後・・・見た目はキレイになりますが、耐久年数は短い

・100万円前後・・・キレイはもちろんですが、お家も頑丈になり、キレイは長持ち

・120万円以上・・・特殊な塗料が必要な建物(工場や飲食店)など、一般住宅ではあまりない価格。

とにかくキレイになればいいというのであれば、80万円以下の工事でも見た目はキレイになります。しかし、少ない予算で行うためには、省かなくてはいけない 工程が出てしまい、その結果、耐久年数や強度は損なわれてしまうため、 5年も経たないうちに外壁の剥がれや汚れが目立ってしまいます。

上記の理由からあまりに安い見積もりを提示してくる業者は 気をつけたほうがいいといえます。

外壁の状況は立地や気候によって様々ですから、 これまで説明した内容が全て当てはまるとはいえませんが、 塗替えを考えている方の参考になれば幸いです。

塗替えを含め、塗装について疑問やご質問などありましたら、 お気軽にご相談ください。



←戻る
  • モルタル造形、エイジングペイント

  • 休束塗創のオリジナル商品です

  • 私達は環境に配慮した塗料を使っています。