外壁塗装・屋根塗装のオススメ塗料!

外壁塗装・屋根塗装のオススメ塗料!

外壁塗装や屋根塗装の塗料も様々な種類があり、何を選べばいいか悩まれるポイントだと思います。基本的には耐久性が高くなるほど、多機能になるほど、価格は高くなる、と思っていただければOKです。
塗料には、シリコン、フッ素、ラジカル制御式、無機塗料など、様々なグレードがあります。さらには、ツヤの有無、色の選択肢など、塗料によって、できることとできないことがあります。
ここでは、当社がこれまで施工してきて、私たち職人の目から見てもいいと思える塗料をご紹介しております。

他にも、塗料を選ぶ際のポイントには様々な観点があります。

塗料を選ぶポイント
  • ・ツヤ有り、ツヤ無しタイプ
    汚れにくさなら、ツヤ有りのほうが、優れていますが、マットな質感を好む方も多いのが現状です。
  • ・1液タイプと2液タイプ
    硬化剤を混ぜて使うため、2液タイプのほうが、耐久性は高くなる傾向にあります。
  • ・水性と溶剤(油性)タイプ
    油性のほうが耐久性は高くなりますが、塗装の際に、シンナーのような独特のにおいがあります。
     

これらを、外壁・屋根の材質、劣化状況などから勘案してご提案しております。

外壁塗装・屋根塗装のオススメ塗料!

ラジカル塗料といえばこれ!

関西ペイント アレスダイナミック TOP

アレスダイナミック TOPは湿度に強く、業界では唯一、雨の日でも塗装ができる塗料だと言われています。雨の多い時期に塗装をご検討されている方にオススメです!
また、水性塗料で匂いが気にならないので、ペットを飼われているご家庭や、ご近所に赤ちゃんがいる方などでも、安心して施工が行える塗料です。

日本の暑い夏に!高い遮熱効果!

日本ペイント サーモアイシリーズ

遮熱効果の高さにおいて非常に優秀なのが、このサーモアイシリーズ。シリコン・フッ素も選べますので、ニーズに合わせてご提案できます。
各社遮熱塗料は出していますが、環境省の調査結果でもサーモアイは高い遮熱効果を出しています。
▶環境省 ヒートアイランド対策技術分野 "実証済み技術一覧"

汚れの付きにくさではダントツ!フッ素塗料!

日本ペイント ファイン4Fセラミック

ファイン4Fセラミックは、その耐久性の高さ(15~20年耐久)と、耐候性、防汚性に優れた塗料です。費用は、ほかの塗料よりも高くはなりますが、30年スパンで見ると、シリコンで3回塗るか、フッ素で2回塗るか、と考えていただければ、検討もしやすいかと思います。ただ、フッ素を塗ると、次もフッ素を塗らないといけない点だけ要注意です。

価格と耐久性のバランス!ラジカル制御型

アステックペイント 超低汚染リファインシリーズ

アステックペイントのリファインシリーズのラジカル制御式塗料は、ほかのラジカル制御式塗料と比べても非常に汚れにくく、耐久性に優れています。理由は基材にシリコンを使っている点です。ほかのラジカル制御式塗料は、アクリルを使っていることもあり、同じラジカルなら、このリファインがおススメです。

驚異の25年耐久!無機塗料!

プレマテックス タテイルアルファ

プレマテックスのタテイルアルファは、耐久性にはおいては頭一つ飛びぬけている印象です。もちろん、防汚性や耐候性などにも優れています。また、無機塗料の唯一の欠点であった硬さ(塗料が硬いと、ひび割れの原因となる)も、タテイルαでは、弾性を加えて克服。塗り替えスパンを長くしたい方には、ぜひ、オススメの塗料です。

夏涼しく、冬暖かく。断熱塗料の決定版!

日進産業 GAINA

GAINAという塗料は、塗装をご検討された方なら一度は聞いたことがあるかもしれません。夏は涼しく、冬は暖かい、塗る断熱材といってもいいこのGAINA。2007年の発売から10年以上もの間、これだけの知名度を維持できたのは、性能の高さの何よりの証拠。室内にも塗装できる優れものです。ただし、ツヤありを選べない点だけ、要注意です。

その他の取り扱い塗料